特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(ルパパト)」(テレビ朝日系)の高尾ノエル役で注目を集めた元木聖也さんが9月12日、サンシャイン劇場(東京都豊島区)で行われた東映の新プロジェクト「東映ムビ×ステ」の第1弾「GOZEN」の時代劇舞台「GOZEN-狂乱の剣-」の初日直前公開舞台げいこに登場。初日を迎えた思いを聞かれると「個人的に東映さんとは、去年の『ルパパト』から、ずっとガッツリ関わらせてもらっている」と感謝の言葉を述べた。舞台のことはルパパトのメンバーにも伝えたといい「(舞台を)見て『宣伝お願いします』と言ってあるので、たぶん見に来ると思います!」と笑顔で語った。

 「東映ムビ×ステ」は、ムービー(映画)とステージ(演劇)の「挑戦的な融合」を掲げた東映の新プロジェクト。第1弾「GOZEN」は、将軍や大名の面前で行った武術の試合「御前試合」に由来している。映画と舞台を通じ、8人の男たちが臨む命懸けの御前試合の壮絶な攻防と、出場する武芸者たちの秘めた思いや切ないドラマが描かれる。映画「GOZEN-純恋の剣-」(石田秀範監督)は7月5日に公開された。元木さんは、映画と舞台を通じて、不気味な長髪の剣士・流狂四郎役を演じている。

 会見には元木さんのほか、主演の矢崎広さん、元「乃木坂46」の若月佑美さん、前山剛久さん、松村龍之介さん、波岡一喜さん、脚本・演出の毛利亘宏さんが出席した。矢崎さんは、初日を迎えて「ワクワク楽しみにしていた。『ついに来たな』という気持ちでいっぱいです」といい「最後まで全力で駆け抜けていくので、よろしくお願いします」と意気込みを語った。元木さんは、舞台の魅力を「殺陣」といい、一回見ただけじゃ足りないくらいに駆け回っています。舞台ならではの刀がぶつかる音、みんなの足音を聞いてほしい」と熱く語った。

 舞台「GOZEN-狂乱の剣-」は、同会場で9月23日まで、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(大阪市北区)で同27~29日に上演される。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});