ラムネ×つーちゃん、Vtuber活動の軸とは? 音楽フェスへの意気込みも語る【インタビュー】
  • ラムネ×つーちゃん、Vtuber活動の軸とは? 音楽フェスへの意気込みも語る【インタビュー】
  • ラムネ×つーちゃん、Vtuber活動の軸とは? 音楽フェスへの意気込みも語る【インタビュー】
  • ラムネ×つーちゃん、Vtuber活動の軸とは? 音楽フェスへの意気込みも語る【インタビュー】
  • ラムネ×つーちゃん、Vtuber活動の軸とは? 音楽フェスへの意気込みも語る【インタビュー】
  • ラムネ×つーちゃん、Vtuber活動の軸とは? 音楽フェスへの意気込みも語る【インタビュー】
2019年8月10日・11日に、北沢タウンホールにてVTuberによる音楽フェス「Project Singularity 音楽的特異点 Vol. 0」が開催される。
それに先駆け、フェスに出演者するラムネとインサイドちゃんMark2(以下、つーちゃん)が初コラボ。超A&Gで放送中のラジオ番組「ラムネムララララムラムララジオ」内のミニコーナー「ラムネドキドキチャンネル」で共演した。

番組収録を終えたばかりの2人を直撃すると、お互いの印象やVTuber活動の信念などを、目を輝かせて語ってくれた。開催まで1ヶ月を切ったフェスの見どころにも迫る。
[取材・構成=ハシビロコ」]

■初対談した感想は?


――番組収録お疲れさまでした。お2人は今回が初コラボということですが、そうは思えないほど息ぴったりでしたね。

つーちゃん:今回は5分番組だったのですが、全然時間が足りませんでした。ラムネちゃんの話しやすさがすごいんです。

ラムネ:ボクは初めての共演だったので「どんな人が来るんだろう?」ってドキドキしていて。事前につーちゃんが配信しているYouTubeの動画やTwitterを監視していました(笑)。

つーちゃん:どうしよう……夜中にTwitterで「この時間のラーメンうめえ」とかつぶやいてた。


ラムネ:実際に共演してみたらすごく優しくて頼りになる先輩でした!

――つーちゃんも、事前にラムネちゃんのライブDVDをチェックしてきたそうですね。

つーちゃん:見させていただきました!

ラムネ:胃が痛いよ~(笑)。

つーちゃん:ライブでのパフォーマンスを見て「さすがやな」と思いました。

――実際に共演してみて、印象は変わりましたか?

つーちゃん:画面の中で見ていたラムネちゃんとは印象がガラッと変わりました。番組収録前は「どう接したらいいのかな」と思っていましたが、実際に共演してみたらしゃべりやすくて本当にありがたかったです。

ラムネ:そうなんです! びっくりするぐらい話しやすいと、ボクも思いました。

■ゲーム経験は『テトリス』のみ?


――収録があっという間だったということで、お互いにまだまだ話し足りないことがあるのでは?

ラムネ:本当はもっと話を広げたいのに、収録時間の関係でむりやり話題をたたんだところもあって。

つーちゃん:「もう次の風呂敷が用意されてる!」って焦りました(笑)

ラムネ:もっと話したいので、またコラボしたいですね! 実はボクはゲームが全然できなくて……。ぜひつーちゃんに教えてほしいです。

つーちゃん:え! そうなんだ!

ラムネ:ゲームは『テトリス』くらいしかやったことがないんです。

つーちゃん:むしろ稀有!

ラムネ:ゲームというものの楽しさをもっと教えてほしいです。

つーちゃん:任せて!

――では、まずはつーちゃんもよくプレイしている『プニキ』(※)からですかね。
※『プーさんのホームランダービー』の通称。

つーちゃん:スタートから『プニキ』は心が折れます(笑)。

ラムネ:どんなゲームですか?

つーちゃん:プーさんがホームランを打つだけのゲームがあるんですよ。ブラウザゲームで、クリックするだけでできます。

ラムネ:それならボクにもできるかもしれない!

つーちゃん:こうやって簡単に見せかけておいて『プニキ』地獄に引きずり込んでいきます。

ラムネ:地獄(笑)。

つーちゃん:『プニキ』ねぇ……実は地獄なんですよ。

ラムネ:どういうことだろう……? ますます教えてほしい!

■VTuberカラオケ女子会がしたい!


つーちゃん:私の場合は、まだ自分のチャンネルで歌をしっかり披露したことがないので、ラムネちゃんと一緒にやってみたいですね。私自身、歌を歌うのは好きなんですよ。

ラムネ:カラオケ大会したい!


つーちゃん:女子を集めてやりたいですね!

――VTuber女子会とか、見てみたいです。

ラムネ:楽しそう~!

つーちゃん:めっちゃやりたい!

――つーちゃんは以前にも動画でレミオロメンさんの「3月9日」を歌っていましたよね。

つーちゃん:そうなんです。2~3時間ひたすら「3月9日」を歌い続けるという頭の悪い企画を、今目の前に座っている編集部が考えて。

ラムネ:編集部が苦笑いしてる(笑)。

――視聴者も「きれいな声」だとコメントをしていて、かなり好評でしたよね。

つーちゃん:ありがとうございます。でも、恥ずかしいからやめてくださいよ~。


→次のページ:楽しさと元気を届けるために
《ハシビロコ》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});