『ポケモン ソード・シールド』「マッスグマ」は新たな進化を獲得し「タチフサグマ」に! 「マタドガス」の“ガラルのすがた”もお披露目
  • 『ポケモン ソード・シールド』「マッスグマ」は新たな進化を獲得し「タチフサグマ」に! 「マタドガス」の“ガラルのすがた”もお披露目
  • 『ポケモン ソード・シールド』「マッスグマ」は新たな進化を獲得し「タチフサグマ」に! 「マタドガス」の“ガラルのすがた”もお披露目
  • 『ポケモン ソード・シールド』「マッスグマ」は新たな進化を獲得し「タチフサグマ」に! 「マタドガス」の“ガラルのすがた”もお披露目

ポケモン公式Twitterアカウントにて、ニンテンドースイッチソフトソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』の最新映像が公開。本作に登場するポケモンの新たな姿が一部判明しました。

新たなトレーナーと共に登場する新ポケモンとして、にめんポケモン「モルペコ」が新登場したほか、まめだぬきポケモン「ジグザグマ」の“ガラルのすがた”などが公開されましたが、この他にも更なるポケモンを披露。

まずは、「マッスグマ」がガラル地方で新たな進化を遂げることが判明。進化した後の名前は、「タチフサグマ」。両足で立つ、力強い出で立ちを見せました。そして、「マタドガス」の“ガラルのすがた”も公開。頭に煙突のようなものをつけ、その先端からは煙がもうもうと。そのユニークな姿は、かなり印象的です。


◆他の地方と姿が異なる、「ガラルのすがた」を持つポケモン


ポケモンの中には、地方独自の環境に適応したことで、他の地域とは異なる姿で生息しているポケモンがいます。姿が異なるポケモンたちは「リージョンフォーム」と呼ばれ、生態もこれまで発見されていた姿とは異なるようです。「ガラル地方」にも、「ガラルのすがた」と呼ばれるリージョンフォームのポケモンたちが暮らしているようです。

【マタドガス(ガラルのすがた)】

分類:どくガスポケモン
タイプ:どく・フェアリー
高さ:3.0m
重さ:16.0kg
特性:ふゆう/???

■洗浄された空気を放出する頭頂部
マタドガス(ガラルのすがた)は、汚い空気や毒ガスを栄養源とします。体内に取り込まれた空気やガスは、毒素を吸収され、頭頂部から放出されます。その空気は浄化されており、非常に綺麗なようです。

■口の周囲に漂う毒ガス
体内に蓄積された毒素は、濃度の高い毒ガスとして、漏れ漂います。少しかいだだけでも、痺れて動けなくなるこのガスは、ポケモンバトルにおいて最大の武器になります。

◆ガラルのすがたでのみ、進化するポケモン


ガラルのすがたのポケモンの中には、独自の環境で育つ中で、他の地方では見られない進化をとげるポケモンがいます。マッスグマ(ガラルのすがた)が進化したタチフサグマもその1匹です。

【タチフサグマ】

分類:ていしポケモン
タイプ:あく・ノーマル
高さ:1.6m
重さ:46.0kg
特性:すてみ/こんじょう

■過酷な環境が促した進化
ガラル地方のマッスグマは、他の地方に比べて、同種間の競争が激しく、過酷な環境下に生きています。そのような環境で育まれた生存本能によって、タチフサグマへの進化を獲得しました。

■反撃の起点「ブロッキング」
非常に好戦的なタチフサグマですが、自分から攻撃を仕掛けることは少ないようです。挑発して相手の攻撃を誘い出し、腕をクロスさせて攻撃を防ぐ「ブロッキング」で迎え撃ちます。



(C)2019 Pokemon.(C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

『ポケモン ソード・シールド』「マッスグマ」は新たな進化を獲得し「タチフサグマ」に! 「マタドガス」の“ガラルのすがた”もお披露目

《臥待 弦》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});