声優の宮野真守さんが、東京都内で行われた劇場版アニメ「二ノ国」(百瀬義行監督、8月23日公開)の“声優ドリームチーム”スペシャルイベントに共演の梶裕貴さん、津田健次郎さんと共に出席した。劇中に登場する「魔法世界“二ノ国”にいそうな人」を決めることになると、全員が宮野さんを指し、梶さんは「こんなにエンターテイナーな人います? なかなかここまでの“おしゃべりモンスター”はいない。宮野真守はファンタジーですよ」と回答。宮野さん自身は「おしゃべりモンスター?」と目を丸くし、観客の笑いを誘った。

 津田さんも梶さんのコメントに大いにうなずき、「現場でも変わらないもんね」と宮野さんの素顔を語ると、宮野さんは「本当に? 無自覚」と自身のエンターテイナーぶりに気づいていない様子。津田さんが「無自覚なの? それは素晴らしい」と、梶さんも「本能でやっていたんだ」といじる中、宮野さんは「あふれ出ちゃう」と満足げな表情を浮かべ、さらに観客を笑わせていた。

 仲良しトークでイベントを盛り上げた3人だが、宮野さんは「梶くんはデビュー当時からエンジェルボイス。ずっときれい」と梶さんの声を絶賛。梶さんは「ずっと長いことお世話になっている。先輩たちと面識があまりない時から、宮野さんが優しくいじってくれた。それからみんなと仲良くさせていただけるようになった」と宮野さんのお陰で、周囲と打ち解けられるようになったと明かした。津田さんは「役に立っている!」と宮野さんを褒めたたえ、これには宮野さんも「梶くんの役に立った。良かった!」と安堵(あんど)していた。

 「二ノ国」は、ゲーム「妖怪ウォッチ」や「レイトン教授」シリーズで知られるレベルファイブの手がける人気RPGシリーズ。劇場版アニメは、高校生のユウと親友のハルが幼なじみのコトナを巡る事件をきっかけに二つの世界を行き来する……というストーリー。製作総指揮と原案・脚本を同社の日野晃博社長が担当し、音楽は久石譲さんが手がけ、山崎賢人さんが主人公ユウ、新田真剣佑さんがユウの親友のハル、永野芽郁さんさんがユウとハルの幼なじみのコトナと異世界の二ノ国の姫・アーシャの2役の声優を務めている。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});